Off White Blog
AuroraはiFi Audioの革新的なスマートホームワイヤレスサウンドシステムです

AuroraはiFi Audioの革新的なスマートホームワイヤレスサウンドシステムです

1月 23, 2021

東京の表参道と原宿地区の建築に着想を得たiFiのAuroraワイヤレスミュージックシステムは、フランスのプロダクトデザイナーJulien Hazizaによって想像されました。

竹アルミニウムフレームに収められた近代的なマシンは、プッシュボタンWPSセットアップを介してホームWi-Fiネットワークに接続し、ユーザーがアプリケーションまたはBluetoothまたはコンピューターやNASドライブなどのネットワークデバイスに保存されたオーディオファイルを通じて音楽をストリーミングできるようにします。


AuroraはiFi Audioの革新的なスマートホームワイヤレスサウンドシステムです

側面を曲がる竹のヒレで隠された6つのドライブユニットを備えたAuroraには、下部に2つのバスラジエーターと、タッチセンシティブな表面とはめ込み式OLEDディスプレイを備えた中央制御パネルがあります。


各ユニットは、Wi-Fi、USBまたはイーサネットケーブル、およびaptX HD、LDAC、LDHC、AACなどのBluetoothコーデックを介して最大32ビット/ 192kHzをサポートします。任意のUPnPまたはDLNAストリーミングアプリと互換性があるため、ユーザーはAirplayやSpotify Connectなどのサードパーティデバイスを介してAuroraシステムを制御および構成できます。

没入感を高めるために、複数のAurorasを単一のWi-Fiネットワークでリンクし、音楽を同期して再生したり個別に制御したりできるマルチルームサウンドシステムを作成できます。


iFiのPureEmotionアンプテクノロジーを組み込んだAuroraは、ロシアの6N3PバルブとESS Technologyの32ビットSaber DACファミリーのチップを含むハイブリッド回路設計を特徴としています。推定1.5MHzの超高レベルで周波数を切り替える能力を備えたオーロラは、実質的な直線性と低ノイズを維持しながら、バルブの電流に数千倍をかけることで優れた効率を発揮します。

Auroraで最も印象的な機能であるARTは、自動部屋調整としても知られています。6つの超音波センサーを使用して周囲の壁からの配置と距離を測定する「部屋補正」システムです。これらの測定に基づいて、内部32ビットARM Cortexマイクロプロセッサーが出力を調整して、Auroraのパフォーマンスを調整します。

プレーヤーの重量は約20 KGで、デジタルソース用の光学、同軸、USBおよびイーサネット入力、アナログ入力用の3.5mmソケット、microSDHCカード用のスロットが含まれています。 Auroraは現在、店頭およびオンラインでiFi Audioを通じて£1,399で販売されています。

関連記事