Off White Blog
英国はブレグジット貿易交渉で大理石を失う構え

英国はブレグジット貿易交渉で大理石を失う構え

1月 18, 2021

1801年に生き残った彫刻の少なくとも半分をパルテノンから剥奪することで、トーマスブルースは、文化財の法的所有権に関する論争の嵐を引き起こしました。これは今日まで続いています。

英国はブレグジットでビー玉を失う構え


トルコの侵略中に違法に撮影されたエルギンの大理石は、アテネのアクロポリスにあるパルテノン神殿の一部として、尊敬される建築家フィディアスと彼の多数のアシスタントの監督の下で作られた古典的なギリシャの大理石彫刻のコレクションです。

盗難のすべての告発を否定し、熱心な芸術とアンティーク愛好家であるトーマス・ブルースは、オスマン帝国の過失からこれらの歴史的に重要な工芸品を保護し保護するために、彫刻を海で英国に送り返しました。公式(まだ見られていない) 当時のギリシャの統治政府からの命令。


現在、ロンドンのグレートラッセルストリートの大英博物館で展示されているアーティファクトは、ギャラリーディレクターのハートウィグフィッシャーによると、再発見、移動、ストーリーテリングを通じて文化遺産に関わる新しいコンテキストを利用者に提供する「創造的行為」であり、事実に富んでいます展示は不完全で、アテネに残っている要素があります。


31日にイギリスが欧州連合から公式に撤退して以来、st 2020年1月、国家は将来の関係の交渉を開始し、近隣の欧州のカウンターパートとの貿易協定を更新しました。これは、重要なオブジェクトの取得における英国の倫理に関する長年の不満を再燃させたプロセスです。

拡張された委任において、1832年以来エルギン大理石の返還を請願したギリシャは、イタリアとキプロスとともに、「原産国への違法に取り除かれた文化財の返還または返還」に対する集団的要求を記した。

英国は、彼らの立場に応じることや本国送還の条件を交渉することを拒否し、「通常の貿易協定」と特定の条項の除外とともに、議論を進めたいという切望を表明しました。

ギリシャの役人はエルギン大理石の条項への関連性を否定しているが、他の無数の参照を認めている18番目 そして19番目 ロンドンで現在オークション中の盗まれた絵画–英国は、「パルテノン彫刻の所有と管理に関連する問題は大英博物館の管理者にとっての問題である」と述べ、彼らの欲求が満たされない場合、すべての対話を停止すると脅した」。

関連記事