Off White Blog
For Love Shines:シンガポールでの200年間の慈善活動

For Love Shines:シンガポールでの200年間の慈善活動

1月 18, 2021

シンガポールの豊かな二百年の歴史と遺産に興味があるなら、特にフォートカニングでの多感覚体験-二百年の経験を訪れた後は、For Love Shines:An Ode to 200 Yearsをチェックしてみてくださいシンガポールの慈善事業。

愛が輝く夕方のテマセクショップハウスフロントエントランス:シンガポールの200年の慈善活動へのオードが披露されます(クレジット:テマセックショップハウス)

歴史に染み込んだ:慈善活動
2019年8月21日に開催されたこのもう1つのシンガポール生誕200周年の展覧会は、シンガポールの初期の慈善活動についての洞察に満ちた外観です。私たちの国の慈善活動は、歴史に染み込んでおり、2019年のリトルレッドドットの創立100周年にもふさわしいものです。この展覧会は、テマセクショップハウスとNUSビジネススクールのアジア起業家精神と慈善のためのアジアセンター(ACSEP)とのコラボレーションです。展示会は、2019年8月21日から10月31日まで開催され、社会的影響のハブとして機能する、再考されたテマセクショップハウスに収容されています。


イベント中に歓迎の挨拶をするテマセクショップハウスのディレクター、イボンヌテイさん。 (クレジット:Temasek Shophouse)

テマセクショップハウス–新しい目的
現在の建物は、インテリアとエクステリアの両方で印象的な変身を遂げています。 1819年に始まった我が国のさまざまな慈善活動の歴史的瞬間を提示するために、現代のインテリア美学は関連性と目的を持って作られています。 。シンガポールの寄付への深いルーツは、これまで一度も称賛され、詳細に説明されたことはありません。

保存されたファサードと新しいスペースを備えたテマセクショップハウスアトリウム(クレジット:テマセクショップハウス)


この展覧会では、シンガポールの慈善活動の進化と、さまざまな側面と贈与のメカニズムを示す5つの重要な時代を紹介します。
•19世紀の植民地時代(1819〜1900)礼拝、埋葬、基本的な医療の場所の建設などの主なニーズに努力が集中しました。
•20世紀初頭の植民地時代(1901〜1945)アジアの女性慈善家が著名になり、第二次世界大戦および日本占領時の救援活動を含む共同目的を支援する草の根慈善活動が出現しました。
•戦後の復興とナショナリズムの時代(1946年から1965年)復興と社会問題の緩和における地元の幅広いボランティア福祉団体による救済活動は、民族の境界を越えた帰属意識を高めました
•国家建設時代(1966年から1999年)国家経済の発展中、ボランティアグループとサービスが必要な人々に社会サービスを提供するようになりました。一方、政府は慈善寄付と活動を調整する構造を導入することで支援しました
•専門化とグローバルな贈与の時代(2000年から現在)慈善活動は、国家機関、民間セクターのドナー、コミュニティからなるエコシステムに成長しました。

タントックセン–シンガポールで最も有名な慈善活動家の一人(クレジット:シンガポール国立公文書館の提供によるマーガレットタンコレクション)

慈善活動–早い時期
多くの人々には知られていないが、慈善活動は、特に形成期において、しばしば見過ごされたり、ほとんど認識されなかったりします。多くの人々は、慈善活動は、貧しい人々、恵まれない人々、および/または市民社会組織を支援する慈善目的への多額の寄付として従来理解されていると考えていますが、多くの場合、教育を改善するか、貧困、飢er、病気などの社会問題を軽減します。


Ngee Ann Kongsi –慈善活動が行われたかつての象徴的な建物(クレジット:情報省と芸術コレクション、シンガポール国立公文書館提供)

より現代的な状況または設定では、慈善活動の概念は、単なる金銭的寄付以上のものを意味するように拡大しています。また、原因とそれらを擁護する組織に時間と専門知識を与えることも意味します。慈善活動も次第になくなりました
善行の領域と見なされます。少しでもお金、時間、努力を与えることは慈善行為です。この7週間の展示は無料で参加でき、シンガポールの社会的ニーズに対応するために慈善活動が果たしてきた重要な役割について学ぶことができます。

Thong Chai Medical Institutionは、かつて無料の医療サービスを提供していました(クレジット:シンガポール国立公文書館の提供による情報と芸術コレクション省)

はじめに
シンガポールで最も興味深い慈善活動は、1819年から1900年までの19世紀の植民地時代のものです。この困難な植民地時代に多くの貧しい家庭がvalent延しているため、慈善活動は埋葬地、礼拝所、基本的なヘルスケア。これらの焦点サイトの結果として、地域コミュニティとソーシャルネットワークが形成されました。

1800年代半ばから後半にかけて、地元生まれの慈善家からの貢献が大きくなるにつれて、家族慈善活動の最初の事例が現れました。彼らの多くは第一世代の慈善家の子供であり、父親の寛大な寄付とリーダーシップを担っていました(つまり、タン・トック・セン)。西洋からの知的影響も伝統的な世界観を変え始め、正式な教育と英語教育を提供するためのより大きな慈善活動につながりました。

この大規模な慈善展は、200年にわたってシンガポールの寄付の根源が実証されている8つの研究論文に基づいています。間違いなく、たった1回の訪問で発見して学ぶ時代がまだあります!ウォーレンバフェットなど、社会に貢献し続けている現在の慈善団体について読んでください。

詳細://philanthropyasia.nus.edu.sg/


Brian McGinty Karatbars Review 2018 Plus Karatbank Free ICO Tokens Information Brian McGinty (1月 2021).


関連記事