Off White Blog
ペナン・ボンおどり祭2019は「日本を歩く」訪問者を迎えます

ペナン・ボンおどり祭2019は「日本を歩く」訪問者を迎えます

1月 26, 2021

マレーシア北部の都市で開催され、古代日本の文化と慣習を祝う毎年恒例のイベント、ペナンボンおどりフェスティバル2019には、今年20,000人以上の訪問者が集まりました。

ペナンボンおどりフェスティバル2019で「日本を歩く」訪問者を迎える

祭りは日本の伝統的な盆踊りに基づいており、家族は毎年盆踊りとして知られる伝統的な踊りを通して、亡くなった先祖や家族の精神を尊敬します。

盆踊りは、盆踊りとしても知られ、死者への敬意を表して行われる古代の日本舞踊です。


今年の盆踊りは訪問者に「日本を歩く」機会を与え、また初めてのミスペナン盆踊りの美人コンテストを目撃しました。イベントでは、ミス・ユニバース・ジャパン2018の加藤裕美氏とボーカロイド感覚の初音ミクも特別ゲストとして紹介されました。加藤はコンテストの審査員の一人でもありました。

主催者–ペナン観光開発、芸術、文化、文化遺産(PETACH)オフィスは、総領事館と協力して、ほぼ同じ高さ36フィート、幅20フィートの象徴的な雷門のレプリカを建てました。実際のランドマークとしてのサイズ。

今年のペナン盆踊りフェスティバルには約20,000人の訪問者が参加しました

もともと仏教の習慣であったこの祭りは、先祖の墓をきれいにするために先祖代々の家族の場所に戻る家族再会の休日に発展しました。日本では500年以上にわたって祝われており、毎年夏にすべての日本の都市で開催されます。

PETACHオフィスは、過去22年間日本総領事館と協力してこのイベントを共同で開催しています。目的は、地元の日本人コミュニティ、および日本文化についてもっと知りたいペナンの住民や観光客に応えることです。

関連記事