Off White Blog
K5ブティックホテル、東京でのスウェーデンのミニマリズムと日本遺産の融合

K5ブティックホテル、東京でのスウェーデンのミニマリズムと日本遺産の融合

1月 26, 2021

東京証券取引所の新しい豪華な隣人は、スウェーデンのスタジオClaesson Koivisto Runeによって設計された半世紀以上前の建物を占有しています。

14か月に渡って完成したK5ブティックホテルは、クリエイティブな飲食店、多様なバー、活気のある共同エリアの5つのレベルの複合施設で、スウェーデンのミニマリズムと日本の伝統の完璧な融合を見せています。


オラルーンは、東京の新しいK5ブティックホテルでスウェーデンのミニマリズムと日本の遺産を融合

「あいまい」という単一の日本語で表現された曖昧さの完全な定義を具現化する空間は、壁をなくし、家具、織物、植物を取り入れることで微妙に分割され、都会のオアシスで発泡のオーラを作り出します。


第二次世界大戦を生き延びた建物自体も独特の特徴を備えており、クレソンコイヴィストルーンチームのよりソフトでモダンなデザインとは非常に対照的です。花屋、穴居人をテーマにしたレストラン、ワインバー、雰囲気のあるアオカクテルとティーバー、地下のスカンジナビア、日本、ドイツの影響を受けたビアホール、ライブラリーを兼ねたスイッチコーヒーショップを備えています。日がゆっくりと夜になると、さまざまな機能が順番に変わります。

スペースに合わせて家具を作成するK5は、深紅の革で装飾されたカスタムメイドの長いソファ、ローコーヒーテーブル、ミニチュアスツール、青と白のグラデーションカラーの手染めのカーテン、赤のラブシート、Kasthallの日本の畳スタイルのカーペット、 20室の客室すべてに、他の多数の特注デザイン要素とともに、オーバーヘッドペーパーランプがあります。タイル張りの床、杉の壁パネル、黒いシンクを備えた各バスルームは、建物のオリジナルの寄木細工からインスピレーションを受けたユニークなデザインが特徴です。

関連記事