Off White Blog
Luxury 4.0:The Luxury NetworkのIrene Hoは、競争ではなくコラボレーションについて語っています

Luxury 4.0:The Luxury NetworkのIrene Hoは、競争ではなくコラボレーションについて語っています

1月 18, 2021

The Luxury Network Singaporeの最高経営責任者(CEO)であるIrene Hoについて1つ言わなければならないのは、彼女がシンガポールの高級シーンに激しく情熱を傾けているということです。

OffWhiteBlogチームは最近、Hoと一緒に座って、高級業界の現状について彼女に正直な考えを尋ね、彼女がeコマース時代の前進であり、競争ではなくコラボレーションであると考える理由を尋ねる特権を持っていました。


Luxury 4.0:競争ではなくコラボレーション

あなたはシンガポールの高級シーンで影響力のある人でした。シンガポールはなぜ国際的な高級ブランドにとって有利な市場であり続けると思いますか?

アジア、特に東南アジア諸国に進出したい高級ブランドにとって、シンガポールでのプレゼンスを最初に確立することは非常に重要です。シンガポールは、ビジネスを行うのに最も簡単な場所ではないにしても、トップ3の1つです。それは、最もビジネスに優しい規制のいくつかと、新しいビジネスを目的とした多くの金融および税制上の優遇措置があるためです。


さらに、シンガポールは、ニューヨーク、パリ、チューリッヒ、サンパウロ、北京、ソウル、台北などの都市に比べて、富裕層の人口が最も多い国の1つです。

シンガポールは、ブランドが東南アジア全体に広がる前に、製品受け入れ率を評価するためのテストベッドとして使用できる十分に小さな市場でもあります。

あなたは地域の拡大について言及しました。シンガポール以外に進出する前に、ブランドが注意すべきことは何ですか?


一般に、新しい市場に参入したいブランドにとっては、まずターゲットとする顧客セグメントに関する広範な市場調査を行い、その市場の最新のメディアと社会動向に遅れないようにすることが重要だと思います。

広範なローカルネットワークと、参入する市場に関する現地の知識を十分に持つことも重要です。たとえば、シンガポールに来る前であっても、企業が適切な連絡先データベースを蓄積し、ネットワークプラットフォームを活用することは有益です。

これは、The Luxury Network(TLN)が支援できる場所です。 TLNでは、高級ブランドと、相互に事前認定された富裕層クライアントにアクセスするという共通の目標を共有するハイエンドサービスプロバイダーとの間の独自のパートナーシップを促進します。

今日パートナーシップがなぜそんなに重要なのですか?

ブランドとクロスマーケティングのパートナーシップは、重要な商業およびブランド戦略です。多くの利点があります。高級ブランドは互いの強みを活用することができ、同時に顧客に補完的ではあるが競合のない体験を提供します。

TLNを介してパートナーを組むことは重要です。なぜなら、私たちは、パートナーシップがwin-winであることを保証するために中間者として行動するからです。あなたに代わって他のパートナーにアプローチするのは私たちであるため、これにより、ボード上のすべてのパートナーが対等な立場にあることも保証されます。

コースを変えて、高級ブランドが電子商取引の面で直面しているデジタルの脅威をどう見ますか?

オンラインの高級品販売は、2025年までに全売上の19%を占め、約740億ユーロ(1,130億シンガポールドル)に達します。ミレニアル世代とジェネレーションZの贅沢な消費習慣の変化は、デジタルネイティブであるため、すべての贅沢な小売業者にとって大きな課題となります。しかし、私の意見では、デジタル化はまた、高級ブランドがシームレスで一貫性のあるユニークな購入体験を作成するための多くの機会を提供します。

それでは、伝統的な小売の未来はどうなるのでしょうか?

将来の小売および物理的な経験を考慮すると、高級ブランドは確実に変化に対応し、迅速でなければなりません。これがTLNの出番です。高級会員のリソース割り当てを改善し、関連性を維持することで高いROIを達成できるようにします。

また、シンガポールの外交評議会を率います。組織について詳しく教えてください。

外交評議会は、国際的な協議機関、世界をリードするビジネスネットワーク、慈善基金を組み合わせた、国連の諮問機関としての地位を持つユニークな組織です。

これは、高級企業にも関連するネットワークであるため、昨年、初の「高級会談」イベントを開催しました。高級ブランドの代表者を集めて、さまざまな国の大使と会うことができました。

大使館はブランドの顧客になる可能性があり、反対に、ブランドは大使館のイベントのパートナーまたはスポンサーになる可能性があります

だから、それはすべてにとって有利です。

関連記事