Off White Blog
トヨタが日本初の持続可能な未来都市を構築

トヨタが日本初の持続可能な未来都市を構築

1月 17, 2021

富士山のふもとにある少なくとも70ヘクタールの土地を占めるのは、トヨタの最新の技術努力である日本の自動車メーカーです。 7月にラスベガスで開催される2020 CESテクノロジーショーで、持続可能な「未来の都市」を構築する詳細な計画を発表番目 1月–トヨタは、そのプロジェクトをWoven Cityと名付けました。

トヨタが日本初の持続可能な未来都市を構築


水素燃料電池を搭載したこのプロトタイプ都市は、環境的に持続可能な空間であり、全体的な電力効率を向上させながら、再生可能エネルギーの使用を促進することが期待されています。プロトン交換膜(PEM)セルとも呼ばれるこれらの水素燃料電池を利用することにより、水、電気、および熱エネルギーは、水素ガスと酸素を燃料として使用する際の副産物です。

デンマークの建築家Bjarke Ingelsによって設計されました。彼はデンマークのØrestadにある彼の集合住宅で尊敬されています。トヨタの従業員、退職者、およびその家族は、警察、消防、救急車、学校などの必要な緊急設備を備えています。


二酸化炭素排出量を最小限に抑えて、より安全で清潔で非常に楽しい環境を作ることを目指して、都市の建物は主に、太陽光発電パネルで覆われた屋根のある木材などの天然素材で構築され、追加の太陽光発電を生成します。トヨタは、車両と建物からの二酸化炭素排出量を大幅に削減することを優先し、毎日の「Woven City」生活のあらゆる側面にインターネット技術を大幅に組み込む予定です。

最近発表されたばかりですが、トヨタのウーブンシティの計画は1年以上にわたって進行中で、建設は2021年初頭までに開始される予定です。また、海外での知識と研究を拡大するための将来のコラボレーションにも関心を示しています。


トヨタが創る実証型未来都市 (1月 2021).


関連記事